車 査定 概算 下取

新車に買い替える際には

ディーラーに下取にするか?
それとも買取店への売却をするか?


悩ましい部分でもあります。

下取の方が、手間がなくて良い
と考える方もいらっしゃると思います。


とはいえ、現実
車買取店の方が概算価格でも高値がつきます。

ディーラーの下取にしたい場合
車買取店の方が概算価格を
新車購入の際に値引き交渉の材料にする手があります。

方法は、
とても簡単なのですが

下記の無料一括査定を利用し、概算を把握する。

かんたん車査定ガイド


上記で出た概算の結果
をプリントアウト(あるいはスマホ)
などで、
ディーラーにみせて下取価格の交渉
するだけです。


この方法が有効な一例としては、
「10年超えの愛車」などの場合です。
※ディーラーの下取が「0円査定」あるいは処分費用が掛かるケース

もちろん、上記以外のケースでも
非常に交渉材料として有効な手段と言えます。

新型車を購入の際に
通常の新車購入の値引きは限界がありますが
上記の方法を行うだけで、
出費を抑え、安く新車を購入できる可能性が高くなります。


ディーラーに商談に行く前に
ひと手間加えるだけ(わずか1分ほど)で

数万円~数十万安く、
新車購入
できる方も多いようですので、
試してみる価値はあるかと思われます。


もし?上記の方法を使っても
ディーラー側が応じてくれない場合

車買取店に売却してしまうという方向
で考えても良いと思われます。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。